食べ過ぎを防ぐために満腹感のある食事を

一つの料理をたくさん食べるよりも、2、3品を少量ずつ複数の皿に盛り付けて食べると満腹感を感じられる。

料理を大皿に盛り付けるのではなく、食べる分だけを小皿に取り分けて食べると食べすぎを防げる。

盛り付けの最後に粒こしょう、刻んだゆず、大葉、レモンなどをトッピングすることで、味のアクセントになるだけでなく、品数が増えることで満足感も得られる。

一口口に入れるたびに箸を一度おいて、ゆっくりよく噛んで食べると、食べすぎることなく、消化吸収も促進される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*